SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

チームを支える大看板を!ヤクルトが1位指名すべき森木大智/高知

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!東京ヤクルトスワローズ編

昨季の最下位から一転して阪神、巨人と優勝争いを展開する今季のヤクルト。山田哲人&村上宗隆を軸に据えた打線はリーグ屈指の破壊力と安定感を誇る。一方、長年課題とされる投手力はまだまだ心もとない。今年のドラフトも、上位指名は投手中心か!?

躍進も選手層は薄いまま!中長期的な指名が必要

2年連続の最下位から今年は上位進出が確実なヤクルト。野手は山田哲人、村上宗隆の中軸が安定し、リードオフマンの塩見泰隆、捕手の中村悠平が好調なのが大きい。投手陣も清水昇、マクガフという勝ちパターンが確立し、リリーフ陣の奮闘が原動力となっている。ただ全体的に見ると選手層の薄さが目立ち、特に先発投手はかなり手薄な状況だ。奥川恭伸が2年目にして早くもローテーションに定着しかかっているのは大きなプラス材料だが、将来有望な先発候補の獲得が最優先となるだろう。

即戦力を狙うのであれば佐藤隼輔(筑波大)、隅田知一郎(西日本工大)のサウスポー二人が候補となるが、奥川の成長もあるだけにともにチームを支える大看板となるスケールの大きい高校生を狙いたい。そんな中で筆頭候補として推したいのが森木大智(高知)だ。甲子園の出場こそならなかったものの、スピード、変化球、コントロールどれをとっても高校球界では屈指の存在である。

中学時代から注目されてきたという点でも奥川と共通しており、二人で切磋琢磨してローテーションの中心となれば、将来は一気に明るくなるだろう。どうしても即戦力即戦力というのであれば、社会人ナンバーワンの廣畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)を狙いたいところだ。

投手では左のパワーピッチャーも補強ポイントとなる。こちらもスケールタイプで羽田慎之介(八王子)を推したい。粗さはあるものの、190センチの長身で140キロ台後半のストレートは大きな魅力がある。チームにいないタイプのサウスポーだけに、下位で残っていればぜひ狙いたい投手だ。

野手では青木宣親、坂口智隆などベテランが多い外野手の手当てが必要に見える。若手外野手に右打者はそれなりにいるだけに、狙い目は高校生の左打者だ。打撃を重視するなら前川右京(智辯学園)、バランスを重視するなら福本綺羅(明石商)が候補となる。どちらも神宮が本拠地であればある程度ホームランも期待できるだろう。

こんな指名はNGだ!

過去5年間の結果を見ると、村上を1位で指名した2017年以外は投手中心の指名となっているが、完全な主力になっているのは清水だけという印象。奥川は順調に来ているが、成功率は高いとは言えない。抽選で外している影響もあるが、中途半端な即戦力狙いはまた同じ結果を生む危険性がありそうだ。

おすすめ指名順位は1位指名!

●森木大智/高知・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!