SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

江川卓/中山裕章ではない!公式記録として甲子園で最初に150kmの壁を破った!新垣渚【高校野球最速投手列伝】

Text:福嶌弘

いつの時代もスピードは投手のロマンです!高校野球最速投手列伝

投手のロマンと言えば速球。プロ顔負けの速球を投げる球児が現れたら誰もが胸をときめかせることだろう。そんなロマンに彩られた球児たちを振り返る。

初の150キロ超えは江川?中山?それとも…

1998年大会で150キロの壁を越えたのは松坂だけではない。実は松坂よりも先に甲子園のマウンドで150キロを超える速球を叩きこんでいたのが沖縄の豪腕こと、新垣渚(沖縄水産)である。


 「大輔フィーバー」一色のイメージが強いこの年の甲子園だが、その松坂に劣らないスケールで注目を集めていたのがこの新垣。190センチを超える長身から放たれる角度のあるストレートはそれだけで強力な武器となり、大きな注目を集めていた。1回戦の対埼玉栄戦で救援に回った際、いきなり148キロのストレートで三振を奪うと、コンスタントに140キロ超えの速球を連発し、ついには甲子園最速となる151キロをマーク。沖縄の豪腕としての本領を発揮した。

しかし、直球のスピードにこだわりすぎた代償か、新垣は1点リードで迎えた7回裏、大島裕行に逆転2ランを浴びてまさかの敗北。試合後のインタビューで涙ながらに語る姿が印象に残った。

松坂が甲子園優勝投手に輝いた一方、新垣は無念の1回戦負けに終わるなど、その明暗はあまりにもくっきりと映ったが、晴れの甲子園の舞台で高校生史上最速という称号を得たことで2人をより輝かせたのは間違いない。

高校生投手“歴代最速投手”の変遷


『がっつり!甲子園2021』7月5日発売!