SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

プロ注目の宮原明弥擁する海星に注目!長崎地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

Text:安東渉

全国49地区 夏の大会データベース
【長崎】

《2022年 センバツ結果》長崎日大 1回戦

●甲子園での戦い&夏の展望
甲子園での上位進出を目標に、有望選手を擁する競合校がリード

甲子園での過去最高成績はベスト4とやや迫力に欠ける長崎勢。昨夏は古豪・長崎商が3回戦に進出。今夏こそは、さらなる高みを狙いたい。

全国で戦えるだけの力がある候補は何校かに絞られるが、まずその筆頭は、センバツに出場した長崎日大。一発が期待できる打撃と攻守が魅力の百武伸、50メートル5秒台の俊足外野手、前田凱地など、期待値の大きい選手も揃っている。

有望選手という意味では、近年力をつけてきている大崎も、昨春のセンバツで活躍したU15代表経験を持つ田栗慶太郎や、制球力が武器の左腕エース・勝本晴彦など、実力派たちの活躍で春季大会準優勝。

そんな大崎を春季大会で延長12回の接戦で破り、出場した九州大会でもその強さを証明した波佐見も、全国レベルの選手こそいないものの、粘りの野球で勝ちをもぎ取る力はある。

また、海星のエース・宮原明弥は140キロ超の直球が武器の豪腕投手で、全国から注目を集める選手の1人。宮原の力投にチームメイトが応えることができれば、優勝も狙える存在だ。

そのほかにも、春季大会で3位となった諫早農と、得点力のある野球でベスト4まで上り詰めた九州文化学園はここ最近の成長株として注目。さらに、昨夏覇者であり甲子園経験者のいる長崎商や、安定した実力をみせている創成館などは、上位争いに加わってくることが予想される。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【九州編】

●高いポテンシャルが最大の魅力
今夏の九州勢は、福岡をはじめ、各県にポテンシャルの高い選手が揃う。しかしながら、昨夏の甲子園では、長崎商の3回戦が最高と振るわず……。センバツでベスト8になった九州国際大付など、いま勢いのある高校が今夏こそは甲子園に熱い南風を吹かせてほしい。

九州に眠る逸材たちが甲子園で大暴れする予感

昨夏はセンバツ準優勝校として夏の甲子園に挑んだ明豊(大分)がまさかの1回戦で敗退し、最高でも長崎商(長崎)の3回戦という、寂しい結果で終わってしまった九州勢。

しかし、他地区と比べても、プロで活躍する逸材の宝庫であることは間違いないため、今夏こそは上位に食い込む活躍をしてほしいところ。

その筆頭になりそうなのが、センバツでベスト8となり、U18代表候補を3人擁する九州国際大付(福岡)。

県内でもトップクラスの強豪校だが、九州大会準優勝の西日本短大附など、甲子園の切符をつかむまでには、多くのライバルたちが立ちはだかる。

そのほかにも、九州大会優勝の神村学園(鹿児島)、センバツ初出場を果たして勢いのある大分舞鶴(大分)、驚異の打撃力を誇る九州学院(熊本)など、全国で戦う姿をみたい高校は数多くあるが、いずれも県大会の優勝は険しい道。

そこを乗り越えることで、各校の逸材たちが眠っている才能を一気に開花させれば、甲子園でも必ずや大暴れしてくれるはずだ。

出典:『がっつり!甲子園2022』

『がっつり!甲子園2022』7月5日発売!

ブラバン応援も復活で甲子園へ夏きゅん‼︎コロナ下で、対外試合や練習方式に制限を受けた世代の球児たちが最後の夏にすべてのパワー全開で一躍雄飛する!この夏の主役候補たちに大接近!代替出場のセンバツで準優勝を射止めた近江・多賀章仁監督と魂の594球エース山田陽翔、絶対王者・大阪桐蔭への雪辱を誓うドラフト候補エース・米田天翼、イチロー魂導入で春ベスト4に躍進した國學院久我山・尾崎直輝監督、甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!最強世代の呼び声高い2年生四天王のトップ・佐々木麟太郎の凄さ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強さも大分析!さらに「各県総力データ」や、歴代の「高校投手高速化分析」、「甲子園スターの現在地」など、あらゆる角度から「甲子園」を楽しみ尽くす情報が満載!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内