SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

26打席ぶりのヒットが適時打で不振脱出!守備でも好捕でピンチ救ったウィーラー!

26打席ぶりのヒット放ったウィーラー

9月29日にマツダスタジアムで行われた広島カープとの一戦で、2打数1安打1打点と不振脱出となる26打席ぶりのヒットをタイムリーツーベースヒットにしたゼラス・ウィーラー。

巨人3点リードで迎えた6回、吉川尚輝の代打で打席に立ったウィーラーは、カウント2-2から4球連続ファウルで粘り、迎えた10球目をレフト線へ運び、一気に2塁に到達し、26打席ぶりのヒットをタイムリーツーベースヒットとした。

そして、4点リードの7回1アウト満塁の場面で、広島メヒアの放った一塁線への強烈な抜ければ、少なくとも2点は失っていたであろう打球を横っ跳びで好捕し、そのまま1塁ベースを踏み2アウトを取り、本塁に送球し3塁走者を刺すウィーラーの「今年一のプレー」が飛び出し、巨人のピンチを救った。

打撃と守備両方で結果を残したウィーラーには、ここから調子を取り戻してもらいたいものだ。