SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

3試合連続無安打無失点と盤石な仕上がり見せた!高梨雄平

文句なしの仕上がり見せた戸郷翔征

2月28日に巨人は3月26日からの開幕3連戦で激突するDeNAベイスターズと練習試合を行った。

この日の先発には、3月27日の第2戦に登板予定の戸郷翔征が上がり、新しく取得したツーシームを解禁するなど進化を見せ、3回2安打2四球も無失点の好投を披露した。

リリーフ陣は、桜井俊貴が走者を背負いながらも2イニングを無失点で切り抜けると、8回に1点を失ったビエイラを除き、6回以降は高梨雄平、大竹寛、中川皓太が無失点ピッチングで順調な調整ぶりを見せた。

打っては、初回、先頭の梶谷隆幸がライト線へのツーベースヒットで出塁すると、続く坂本勇人のライト前ヒットを放ち、「カジサカ」でわずか6球であっさり先制した。

5回には9番・松原聖弥と代打・中島宏之の連打でチャンスを作り、相手のタイムリーエラーに続いて5番・大城卓三のタイムリーヒットでリードを広げた。

「9番・右翼」で先発出場の松原聖弥は2安打1四球の全打席出塁で存在感を示し、途中出場の小林誠司は1四球1安打、特別ルールで迎えた9回裏の攻撃では陽岱鋼と石川慎吾が2者連続ホームランを放つなど、開幕スタメンを目指す選手たちがこぞって結果を残した。

盤石の仕上がり見せた高梨雄平

4回から桜井俊貴、高梨雄平、大竹寛、ビエイラ、中川皓太が継投したリリーフ陣に対し、宮本コーチは「シーズンを思い起こすような勝利の方程式というか今日はしびれた」。とビエイラの1失点以外無失点で切り抜けたリリーフ陣を賞賛した。

中でも、6回に3番手としてマウンドに上がった高梨雄平は、先頭打者の伊藤光を見逃し三振で切って取ると、伊藤裕季也をサードゴロとテンポよく2アウトにするも、牧秀悟サードゴロを味方が失策し、ランナーを背負った。

味方のエラーで悪い流れとなるも、嶺井博希をライトフライに打ち取り、無失点で切り抜けた。

この試合も無失点で切り抜けた高梨雄平は、3試合連続無安打無失点と盤石な仕上がりを見せた。