SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

サニブラウンに勝った並木秀尊の盗塁刺した!大城卓三

2戦連続無失点の菅野智之

3月4日に3日に続き、東京ドームで巨人とヤクルトスワローズとのオープン戦を行われた。

4年連続7度目の開幕投手に内定している菅野智之が先発し、初回を三者凡退に打ち取るなど、47球を投げ3回2安打無失点と初実戦となった2月27日の広島カープ戦の2回2安打無失点に続き、盤石の投球を披露した。

打っては、ヤクルトから巨人にトレード移籍した広岡大志が、古巣相手に移籍後初本塁打を放ち、原監督から二塁手争いに加わったとお墨付きをもらった。

サニブラウンに勝った並木の盗塁刺した大城卓三

昨季に菅野智之が達成した史上初となる無傷の開幕13連勝の立役者の大城卓三が今年の実戦で初めてバッテリーを組み、3回2安打無失点と圧巻のピッチングへと導いた。

2回に1アウト1、3塁のピンチの場面で、西浦直亨と村上宗隆が仕掛けた重盗を強肩で阻止し、まずは守備で好プレーを見せた。

続く3回にはヤクルトスワローズ先発の小川泰弘からライト前タイムリーヒットを放ち、貴重な追加点を奪い取った。

貴重な追加点を奪った大城卓三は、「先制点を取った後の追加点だったので、自分の中でも結構いい感じで打てましたし、適時打になったことが良かったと思います」。と調子の良さを伺わせた。

極め付けは、4回ノーアウト1塁の場面で、走者は大学時代に公式戦盗塁失敗ゼロの俊足ルーキー並木秀尊の二盗を完璧な送球で刺した。

2019年には盗塁阻止率1割台と苦しんだ大城卓三だったが、相川バッテリーコーチの助言をもとに、ステップなど送球動作を細かく改善してきた結果、昨シーズンは盗塁阻止率.340まで急上昇させ、弱点だったスローイングを新たな武器に変え、巨人の正捕手争いを牽引する。

大城卓三の攻守の活躍に対し、原監督は「仮にも(昨季の)ベストナインだからね。ナメてもらっちゃ困るよ」と、ご満悦の表情を見せた。

小林誠司に炭谷銀仁朗と巨人の正捕手争いは激化する一方だが、開幕マスクを被る為、大城卓三がアピールを続ける。