SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

重要視される「2番」争いへ攻守でアピール続ける!若林晃弘

581日ぶり1軍マウンドに上がった野上亮磨

巨人は3月10日、9日に続き、ペイペイドームでソフトバンクとのオープン戦を行った。

巨人打線はソフトバンク先発の武田翔太から5回無失点と完璧に抑えられ、続くソフトバンクリリーフ陣からも得点を奪えずにいたが、9回に登板した育成左腕・大関友久に対し3番坂本勇人と4番岡本和真の連続二塁打で同点に追いつき、昨年、一昨年の日本シリーズで4連敗を喫し、2019年の交流戦からオープン戦も含めて12試合連続で敗れていたソフトバンクに対し、引き分けに持ち込み、13連敗は免れた。

ソフトバンク投手陣に巨人打線が苦しめられる中、この試合前までオープン戦15打数1安打と苦しんでいた坂本勇人が初回に12打席ぶりにヒットをマークすると、3回と9回に二塁打を放ち、猛打賞を記録した。

重要視される「2番」争いへアピール続ける若林晃弘

この試合、「7番・二塁」でスタメン出場した若林晃弘は、4打数ノーヒットとバットではアピイールできなかったものの、5回1アウトの守備で、上林誠知の放った1、2塁間を抜けそうなゴロにギリギリ追いつき、1塁へ転送してアウトにし、守備でアピールした。

7日の日本ハム戦では「2番・二塁」で2打数1安打1打点1盗塁とオープン戦では、この試合前までの5試合で7打数3安打、打率.429とバットでもアピールしていた。

メジャー通算196発のジャスティン・スモークと同96発のエリック・テームズの新助っ人コンビの不在により、「2番」打者の重要度が高まっている巨人。

原辰徳監督は新型コロナの影響を最小限にするベストオーダーを探求する為、「2番にいろんな人を見てみようと」といろいろな打線を模索している。

「2番」のレギュラーを狙うのは、松原聖弥と若林晃弘の他にも、二塁争いを繰り広げる昨季のレギュラー・吉川尚輝に加えて北村拓己、さらにヤクルトから移籍した広岡大志もいる。

競争が激化する中、若林晃弘は「チャンスをもらってアピールをしなければいけない立場。しっかり結果を残せるように準備していくだけです」と意気込みを見せている。

オープン戦でしっかりと結果を残し、重要視される「2番」争いを制し、開幕スタメンを掴むのは誰なのか注目だ。