SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人8戦連続の先制打となる吉川尚輝の適時打呼ぶなどチーム唯一のマルチH放った!重信慎之介

6回1失点と好投を見せた今村信貴

4月18日に横浜スタジアムで行われたDeNAベイスターズとの一戦に、11日の広島戦で3年ぶり2度目の完封勝利を手にした今村信貴が今シーズン3勝目をかけてマウンドに上がり、自身が課題としていた先頭打者を出さない投球で6回まで3安打無失点と好投を見せたが、7回に1アウトからソトに1号ソロホームランを許し、6回1/3を4安打1失点でマウンドを降りた。

序盤から危なげなく定感抜群の投球を披露し、2点リードで迎えた6回2アウト2塁のピンチの場面で佐野恵太を遊ゴロに抑え、ピンチを凌いぐなど、岡本和真や梶谷隆幸の好守にも助けられ、6回まで無失点で切り抜けるも、7回1アウトでソトにレフトスタンドへソロホームランを放たれ、降板となったが、先頭打者を一人も許さず、先発投手としての役目を果たした。

6回1失点と好投を見せた今村信貴は「課題の先頭打者を抑えることはできたので試合は作れたかなと思います。7回のイニングは最後まで投げ切らなければいけません」。とソトに一発を浴び降板したことを反省した。

チーム唯一のマルチヒットを放った重信慎之介

「7番・左翼」で先発出場した重信慎之介が、第1打席でレフト前ヒットを放ち、1、2塁のチャンスを作り、吉川尚輝のタイムリーヒットを呼び込み、巨人の8戦連続となる先制打を演出し、巨人の勝利に貢献した。

2回、2アウト1塁の場面で打席に立った重信慎之介は、DeNAベイスターズ先発の坂口皓亮の5球目151キロのストレートを捉え、レフト前へヒットを放ち、2アウト1、2塁のチャンスを作り、吉川尚輝の巨人の8戦連続の先制打を演出した。

4回にはフォアボールを選び、出塁した重信慎之介は、6回2アウト走者なしの場面でライト前へヒットを放ち、チーム唯一のマルチヒットを放った。

2安打1四球で3出塁した重信慎之介が巨人打線が5安打と苦戦する中で躍動し、スタメン奪取へアピールに成功した。

丸佳浩などのコロナで離脱している選手たちの復帰が待ち望まれる中で、サブメンバーからスタメン奪取をかけ、躍動する重信慎之介たちの活躍にも期待したい。