SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

鷹に13連敗も今季初猛打賞に原監督絶賛の大敗の巨人に一筋の希望を与えたベテランとは!?

今季初猛打賞記録した中島宏之

5月28日にpaypayドームで行われたソフトバンクホークス戦で、「7番・一塁」で12試合ぶりに先発出場した中島宏之は、4打数3安打1打点1HRと今シーズン初の猛打賞を記録し、ソフトバンク投手陣に6安打に抑え込まれた巨人打線の中で、孤軍奮闘の活躍を見せた。

3点を追いかける4回1アウト走者なしの場面で打席に立った中島宏之は、ソフトバンクホークス先発の石川柊太の3球目144キロのストレートをセンターへ打ち返し、ツーベースヒットを放つと、7点差となった6回1アウト走者なしの場面で石川柊太から11球粘り、パワーカーブをレフトポール際に運ぶ2号ソロホームランを放つと、8回2アウト走者なしの場面でフェンス直撃のツーベースヒットを放ち、今シーズン初の3安打猛打賞を記録記録した。

約2カ月ぶりの2号ソロホームランを放った中島宏之は「なんとか粘って打つことができた。次につなぐことだけを考えていましたが、いい結果につながりました」。と振り返った。

ソフトバンクホークスに大敗も3安打猛打賞と孤軍奮闘した中島宏之に対し、原監督は「(中島は)うん、何て言うか…こう…、体張って野球をやっている感じがするね」。と一人息巻いた活躍を絶賛した。

この試合を落とした巨人はオープン戦を含め、2019年の交流戦から対ソフトバンクに13連敗となった。

しかし、ベテランの中島宏之のバットがチームに火をつけ、13連敗ストップへ巨人に一筋の希望を与えたに違いない。