SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

特大3号2ランホームラン含む4安打の大暴れ!1軍昇格へアピールした増田陸

特大3号2ランホームラン放った増田陸

4月30日に鎌ヶ谷スタジアムで行われた日本ハムファイターズ戦に、「1番・一塁」で先発出場した増田陸は、5打数4安打2打点1HRと、特大3号2ランホームランを放ち、1軍昇格へアピールした。

3回、1アウト走者なしの場面で打席に立った増田陸は、日本ハムファイターズ先発の生田目翼の初球カットボールをレフトへ運ぶ。続く5回2アウト走者なしの場面で、日本ハムファイターズ2番手・池田隆英の8球目148キロのストレートをライトへ運び、ライトを守る阪口樂が目測を誤り、ファンブルする間に2塁に到達した。

7回、1アウト1塁の場面では、日本ハムファイターズ3番手・高山優希の初球135キロのストレートを振り抜き、左中間へ特大の3号2ランホームランを放った。

最後は、10回2アウト2塁のチャンスの場面で、日本ハムファイターズ4番手・北浦竜次の初球フォークをレフトへ運び、この試合4安打目を放った。

ノーゲームとなった29日の日本ハムファイターズ戦で2打席連続ホームランを放ち、この試合も初回に2ランホームランを放った中田翔に刺激を受け、狙った球を振り抜いた増田陸は、特大3号2ランホームランを含む4安打の大暴れと最高の結果を残し、1軍昇格へアピールした。

増田陸は2018年ドラフト2位で指名を受け、明秀学園日立から巨人へと入団した内野手で、オープン戦では12試合の出場で打率.167と目立った成績を残すことはできなかったものの支配下復帰を果たしていた。

中田翔の最短復帰も気になるところだが、増田陸も一緒に昇格し、1軍でも大暴れを見せてもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内