SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

8号3ラン含む5打点の大暴れ!6試合連続安打と打撃好調で支配下復帰期待のエスタミー・ウレーニャ

8号3ラン含む5打点の大暴れを披露したウレーニャ

5月31日に横須賀スタジアムで行われたイースタン・リーグのDeNAベイスターズ戦に、「5番・DH」で先発出場したエスタミー・ウレーニャは、5打数2安打5打点1HRと、8号3ランホームラン含む5打点の大暴れを披露し、支配下復帰へアピールした。

4回、1アウト満塁のチャンスの場面で打席に立ったウレーニャは、DeNAベイスターズ先発のスターリンの7球目143キロのストレートをライトオーバーの8号3ランホームランを放ち、勝ち越しに成功。

さらに、5回1アウト満塁のチャンスの場面で、DeNAベイスターズ3番手・池谷蒼大の8球目118キロのスライダーをレフトへ2点タイムリーヒットを放ち、リードを広げた。

5打数2安打5打点1HRと、8号3ランホームラン含む5打点の大暴れを披露したウレーニャは、6試合連続安打を記録し、ここ5試合での2軍打率.471と打撃絶好調を維持している。

ウレーニャは育成選手として2020年に巨人入りを果たし、同年9月に支配下登録され、11試合に出場したが、2021年は4試合の出場で、5打数無安打に終わり、シーズンオフに育成選手として再契約をし、再スタートを切っていた。

ここ5試合で2軍打率.471と打撃絶好調を維持するウレーニャに対し、原監督も巨人打線の起爆剤として支配下に復帰させ、1軍昇格させることに意欲を示しているはずだ。

現状の打撃を1軍でも維持できれば、中田翔をしのぐ活躍が十分期待できる。

ウレーニャが打撃絶好調の間に、一度1軍に昇格させ、1軍でどこまで力が発揮できるのか見てみたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内