SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

今季初スタメンで2点適時打!スタメン継続起用へアピールした重信慎之介

今季初スタメンで2点適時打の重信慎之介

7月20日に神宮球場で行われたヤクルトスワローズ戦に、「7番・右翼」で先発出場した重信慎之介は、4打数1安打2打点。今シーズン初スタメンで2点タイムリーヒットを放ち、スタメン継続起用へアピールした。

4回、2アウト2、3塁のチャンスの場面で打席に立った重信慎之介は、ヤクルトスワローズ先発の高橋奎二の4球目134キロのチェンジアップをレフトへ運び、2点タイムリーヒットを放った。

今シーズン初スタメンの起用に応える2点タイムリーヒットを放った重信慎之介は、一塁ベース上でベンチに向かって力強く右拳を突き上げ、喜びを爆発させた。

6回の守備では先頭打者の並木秀尊の飛球に飛びつくも、捕球できず、記録は三塁打となったものの、体を張ったプレーに原監督は思い切りの良い守備を評価した。

打撃も7月18日のヤクルトスワローズ戦から3試合連続安打を記録し、ここ3試合で6打数3安打2打点1盗塁、打率.500と好調を維持している。

ポランコ、ウォーカーに負けじと、攻守でボールに食らいつき、チームを鼓舞するプレーを見せる重信慎之介に対し、原監督もスタメン継続起用に意欲を示しているはずだ。

重信慎之介には、さらに結果を残し続け、スタメン継続起用を続けられる活躍を披露してもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内