SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

  • HOME
  • SPORTS COLUMN
  • 緊迫の9回を1回0封で杉内コーチ絶賛!今季支配下登録期待の巨人/京本真

緊迫の9回を1回0封で杉内コーチ絶賛!今季支配下登録期待の巨人/京本真

1回無安打無失点に抑えた京本真を杉内コーチ絶賛!

3月3日に行われた球団創設90周年と台北ドーム開業記念の親善試合、第2戦・楽天モンキーズ戦に、京本真が5番手で登板し、1回無安打無失点に抑え、杉内コーチから土壇場での踏ん張りを絶賛された。

両者無得点のまま迎えた9回に登板した京本真は、先頭打者から2者連続でフォアボールを与え、ノーアウト1、2塁のピンチを背負う。しかし、阿部監督が常々口にする「困ったらど真ん中」の精神で相手4番にはゾーンを強気に攻めてピッチャーゴロのダブルプレー、続く打者をサードゴロに仕留め、ホームを踏ませず、ピンチを切り抜けた。

あえて一番緊張する9回に起用させるほど期待する杉内コーチは京本真の投球について、普通は勢いにのまれて点数をとられる場面を冷静に無失点に抑えるのはすごいことだと絶賛した。

京本真は、今シーズン2軍でスタートするも、宮崎キャンプで2月11日の紅白戦で自己最速を2km更新する152kmをマークし、1回無失点の好投を披露し、2月13日に1軍に合流。しっかりとアピールを続け、そのまま沖縄も完走し、台湾遠征に帯同していた。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内