SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】まだ21歳の助っ人・実績はないが育てていきたいエスタミー・ウレーニャ

「実績はないが育てていきたい助っ人外国人」

ここにきてレフトのスタメンが日替わりになっている。

9月中旬までは亀井善行とウィーラーの2人が多かったが、最近は変化が出てきた。

9月27日に初スタメンで出場し、9月30日に2度目のスタメン出場を果たしたウレーニャをご紹介したい。

ドミニカ出身の21歳で今年入団の1年目助っ人。

シーズン当初は育成契約だった。9月16日までの2軍戦で51試合に出場して打率は.297、チームトップの11本塁打、打点はイースタンリーグトップの35打点というの成績で、9月17日に支配下選手登録。

初出場は9月23日の広島戦での代打出場だった。

本来はセカンド、サード、ショートのどこでも守れる内野手登録なのだが、1軍ではレフトでの起用になっている。1軍で内野守備も見てみたいものだ。

日本人ならまだ大学3年生の年齢。巨人には「他球団で活躍後の助っ人外国人を連れてくる」という印象があるかもしれないが、それはもう過去の話。

「助っ人外国人」も長い目で育てるというチームに変わってきていることが分かる。