SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】ファームで活躍した背番号009、八百板卓丸は楽天から移籍してきた育成選手

今から知っていると巨人通? 楽天から移籍してきた八百板卓丸に来年は期待したい!

1軍は11月14日(土)のDeNA戦、そして日本シリーズを残している今シーズンだが、ファームは全日程終了した。

さて、来年の新戦力となる可能性を見せてくれた選手は出てきたのか? ここで1人の育成選手を紹介したい。

今シーズン、ファームで100打席以上打席に立った巨人の選手は12人。

その中で最も打率の高かった選手は陽岱鋼で打率.338。詳しい説明は省くが、陽岱鋼はそもそもファームにいるレベルの選手ではなく、直近の日本シリーズでの活躍を期待したい選手だ。

そして、2位には巨人ファンでもあまり聞き馴染みのない名前があった。

打率.313で八百板卓丸。珍しい苗字だが【やおいた たくまる】と読む。打率も良いがホームラン8本も、ウレーニャに次ぐチーム2位の好成績だ。

八百板卓丸は福島・聖光学院出身、6年目・23歳の右投げ左打ちの外野手。

昨年、楽天のファームで打率.280だったが戦力外になり、巨人に移籍してきた。

現在、背番号は009と3桁でまだ育成の身だが、今年のこの数字なら今オフに2桁の背番号をもらえる可能性は高そうだ。

来年も巨人戦を楽しむために、八百板卓丸という名前を頭の片隅に置いておいて損はない。