SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】スポーツニュースでは振り返らない、原辰徳監督が敗戦を覚悟したことでの「菅野智之のブルペン入り」

明日の試合に先発するかもしれな菅野智之がなぜブルペンに?

4連敗で巨人は日本シリーズを敗退した。

リアルタイムで試合観戦をしたファンも当然多かったと思うが、昨晩や今朝のスポーツニュース等で結果をした人も多いだろう。

ここでは、その多くのスポーツニュースでは扱われなかったであろうシーンをお伝えしたい。

1-4というスコアで敗戦ムードが漂う7回、巨人のブルペンがテレビ画面に映し出された。

投げていたのは中川皓太と菅野智之だった。私は一瞬、自分の目を疑った。

まだ試合は終わっていない。もし逆転勝ちを収めて翌日の試合があったとしたら先発マウンドに上がるであろう菅野智之が肩を作っていたのだ。

菅野智之が見られるかもと嬉しかった半面、この瞬間に4連敗での日本シリーズ終了を悟った。

原辰徳監督は明日の試合が行われないことを覚悟したのだと。

実際にマウンドに上がることはなかったが、おそらく巨人のユニフォームを着て投げる最後の姿になる菅野智之がいるブルペンがテレビに映ることを分かって原辰徳監督は指示をしたのではないかと。

今朝になって多くのメディアが「菅野智之のポスティングシステムでのメジャー移籍容認」のニュースを報じた。

巨人での8年間、お疲れ様でした。そして、ありがとう。メジャーでの活躍を今から祈りたい。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー