SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】畠世周の粘り強さが顕著に見られた3回のピッチング内容をご紹介!

厳しい場面を気持ちよく抑えることで生まれた逆転勝ちの雰囲気

4/21日、畠世周が初回に2点を取られるも2回~6回までを無失点とする粘り強い投球で、首位の阪神相手に勝ち投手となった。

その勝ちに繋がった粘り強さが顕著に見られたのが3回の投球。

2回に岡本和真のホームランで1点取り返してもらった直後。ここでまた点を取られると一気に阪神に試合の流れを持っていかれる場面だ。

先頭打者の糸原健斗が3塁打で出てノーアウト3塁。ここから阪神のクリーンアップ登場で厳しい場面。

しかし、初回にホームランを打たれた3番・マルテをサードゴロ。

続く4番・大山悠輔にも初回に2塁打を打たれているのだが、ここは同じくサードゴロに仕留める。

最後に5番・サンズは150kmのストレートで三振。これが効いた。

巨人側からすると1点ビハインドの状況でも「この試合こっちのものだ」という雰囲気を作るピッチングだったと言えるだろう。

2021年の畠世周、巨人を優勝に導くキーマンになる気がしてならない。