SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】岡本和真は原辰徳、松井秀喜、王貞治を超える巨人史上最強ホームランバッター!?

祝・通算150号ホームラン! 歴代の4番と比べてみた!

日本ハムに2-7と惨敗した5/29の巨人。

この試合での見所は岡本和真の通算150号ホームランしかなかったといっても過言ではないか。

岡本和真は634試合目での到達。単純計算で4.2試合に1本ホームランを打ってきたことになる。

この記録は歴代のプロ野球選手(日本人に限る)の中で7位というスピード記録。

巨人に限ればNO.1だ。

 

歴代の4番バッターと比べてみよう。

原辰徳:645試合

松井秀喜:666試合

王貞治:716試合

ちなみに助っ人外国人も入れた巨人ランキングではクロマティの612試合というのがNO.1記録。いかに素晴らしい助っ人だったが分かるデータだ。

 

最後にプロ野球界全体の歴代NO.1記録をご紹介して終わりとしよう。

日本人NO.1/山川穂高(西武):498試合

全プロ野球選手NO.1/カブレラ(西武):380試合

西武ライオンズ、恐るべし!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内