SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

平成最高のアベレージヒッターは平成打率ランキング1位のイチロー!

データで検証!!俺たちの平成プロ野球史

「平成」のプロ野球に焦点を当て、データで最強チーム&最強選手を徹底検証する!

平成最高のアベレージヒッターは誰??:打率

NPBの通算打率は4000打数以上が対象となるが、ここでは集計期間が平成の30年間にかぎられるため、通算3000打数以上を対象にランキングを作成。ありえないほどの高打率でトップに輝いたのは、やはりイチローだった。プロ野球史上初のシーズン200本安打、前人未到の7年連続首位打者など、もはやその「すごさ」は改めて伝えるまでもないだろう。2位には昨季日本に復帰し、通算打数も4000に乗せて歴代打率トップに躍り出た青木宣親。3位には横浜で主砲として活躍したローズ、 5位には右打者シーズン安打記録を持つマートンといった助っ人勢もランクイン。ちなみに、通算打率.311を誇る落合博満は平成に限れば.295、現役の3000打数以上では山田哲人(.301)、糸井嘉男(.301)、秋山翔吾(.300)といった選手 が打率3割以上を記録している。新元号になっても、彼らがこの数字をキープし続けることができるのか、要注目だ。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!