SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

JRAビギナーズセミナー講師:長谷川雄啓の【京成杯AH】過去9年データ分析!

Text:長谷川雄啓

京成杯AH(9月13日 中山11R)芝1600m

芝1600mのハンデ戦。

新潟で行われた14年を除く、データは過去9回です。

1番人気は〔300〕、2番人気は〔212〕、3番人気は〔111〕。

6番人気以下〔164〕、2ケタ人気馬〔121〕。

馬連3ケタはなく、万馬券1本。

ハンデ戦らしく、馬券もひと捻りが必要です。

ステップレースを見ていきましょう。

まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。

七夕賞から〔110〕。

中京記念から〔102〕。

関屋記念から〔044〕。

その他、ダービーから勝ち馬が。

安田記念、ヴィクトリアマイル、クイーンS、ダービー卿CTから2着馬が。

NHKマイルC、函館SS、東京新聞杯から3着馬が出ています。

重賞組は人気、着順不問です。

OPから〔200〕。勝ち馬。

3勝クラスから〔400〕。こちらも勝ち馬です。

前走、重賞以外の馬で6勝ですから、いかにもハンデ戦らしい傾向と言えそうです。

トップハンデは9回で11頭いて〔022〕。

勝ち馬のハンデは57~52キロで、平均すると54.33キロ。

2着馬は58~53キロで、平均55.27キロ。

3着馬は58~53キロで、平均55.44キロ。

勝ち馬のハンデは57キロまで。トップハンデは勝てていません。

また、連対18頭で見ると、前走から、斤量減が11頭、据え置きが5頭、斤量増は2頭しかいません。

この2頭には重賞勝ちがあり、かつ前走1着の勢いもあったこと、覚えておくといいかもしれません。

連対18頭中、15頭に重賞掲示板があり、残る3頭中2頭は重賞初挑戦。

また、連対18頭中、17頭に芝1600mでの勝ちがあり、残る1頭にもマイルGⅠでの3着がありました。

勝ち馬9頭で見ると、10番枠より内の馬が8勝、加えて、4番人気までの馬で8勝ですから、勝つのは“内枠を引いた人気馬”ということになります。

さらに、勝ち馬9頭で、重賞連対が無かった馬は、前走で3勝クラスを勝ち上がった馬か、中山芝1600mの連対が100%の馬に限られます。

牝馬は〔240〕。

最後に年齢別で見ておくと、3歳〔203〕、4歳〔312〕、5歳〔342〕、6歳〔031〕、7歳〔111〕。

5、4歳を中心に、まんべんなくのイメージでいいかと思います。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と』



【書誌情報】
『究極の競馬ガイドブック 自分で“勝ち馬”を探せるようになる』
著者:長谷川雄啓 JRAビギナーズセミナー講師

競馬場などで行われている競馬初心者施策でビギナーセミナーの講師を務めている長谷川雄啓氏。そこで競馬初心者の人々と触れ合うことで「初心者の人が馬券を買うまでに知りたいポイント」を体得してきました。これまでの教本だと、まるで家電の説明書のように、“抜け”があったらマズいと、それはそれは細かく、ビギナーには不要な細かい情報まで書いていました。この本では、そういった内容を極力省きます。ポイントを押さえれば、細かいことは自然と覚えていくので、まずは開いた“競馬の扉”を閉じさせないよう、自力で予想を楽しめるよう導いてあげるのを目的とした本です。