SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【ドラフト査定/評価:A】最速157km右腕/風間球打を一本釣り!14人育成指名の青田買いを実施

12球団完全データファイル2021

両リーグ、前年最下位チームが優勝を果たしという前代未聞のシーズンとなった2021年。12球団の詳細なデータをもとに、今季の戦いぶり&来季に向けた課題、期待値を完全掲載!

【ドラフト査定/評価:A】豪快・風間を一本釣り!育成では選手を獲得

1位で風間球打(ノースアジア大明桜高)の一本釣りに成功。風間は183センチ84キロの本格派右腕。夏の秋田大会では自己最速の157キロを叩き出した剛腕で5種類の変化球も操る。現時点では上半身と腕っぷしに頼った投球でプロスカウトは賛否両論だったが、未完成でも150キロ台を連発できる高校生投手を一本釣りできたのはデカすぎる。ビッグな投手に育て上げてほしい。

2位・正木智也(慶應大)は東京六大学を代表する右のスラッガー。今春はリーグ戦で4本塁打を放ち、大学選手権でも2本塁打。トップを早めに作って呼び込み、右へ左へサク越えを放つ。一塁と両翼を守り、近い将来、中軸を任せられるポテンシャルを持っている。3位・木村大成(北海高)は140キロ台のキレのあるストレートとスライダーが売りの左腕。最速150キロまで球速を伸ばしており、奪三振能力が高い。

4位・野村勇(NTT西日本)は二塁や外野を守る強肩ユーティリティ。身体能力の高さが一番の武器だ。5位・大竹風雅(東北福祉大)はこれぞ隠し玉。右肩のクリーニング手術のため、リーグ戦通算2登板だが、最速150キロにカーブやフォークを持ち合わせ、スカウト陣はその素材に太鼓判を押している。支配下は5人に留めたが、育成ではなんと14人を指名。青田買いに余念がない。


【新戦力査定/評価:B】マルティネスが孤軍奮闘!21先発で20QSの超好投

今季の新戦力を語れば、マルティネスに尽きる。日本ハム時代の2018年には10勝11敗、防御率3・51で2ケタ勝利を達成したが、2019年は故障で登板なし、2020年は2勝7敗、防御率4・に終わり、「保険」としてソフトバンクにやってきた。しかし、新天地で一気にペースを上げ、21試合で9勝4敗、防御率1・60。規定投球回にはわずかに届かなかったが、リーグ2位相当の数字を残した。

クオリティスタート(6回3失点以下)はなんと21先発で20回。当然、メジャーリーグも再注目しており、去就は未定になっている。本命のレイもコロナ禍で来日が遅れたが、6月にデビューを果たし、6試合で3勝1敗、防御率2・03と好スタートを決めた。しかし、五輪中断中に夫人が早産で緊急出産し、再来日が困難な状況に。家族を優先し、無念の退団を決めた。こればかりは仕方がない…。

五輪中断中にはBCリーグ・茨城からアルバレスを補強したが、打率1割台で役に立たず。トレードで獲得した中谷将大は二軍で打率1割台で一軍出場はなかった。ドラフト組ではドラ1・井上朋也が2軍戦試合で打率・246、3本塁打とまずまずの数字を残している。


【パリーグ4位】福岡ソフトバンクホークス

【2021シーズン成績】
60勝62敗21分
勝率 .492
得 点 564 ②
失 点 493 ①
本塁打 132 ②
盗 塁 92 ②
打 率 .247 ①
防御率 3.25 ①


柳田悠岐は当然の如くチーム三冠に輝いた。周東佑京は長期離脱があったが70試合で21盗塁。今季の盗塁王は24盗塁で4人。フル出場できれば、間違いなく独走だろう。リリーフ陣では嘉弥真新也が最多登板&ホールドも防御率4.71で失点も目立った。


出典:『がっつり! プロ野球(30)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内