SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【有馬記念】競馬初心者講座講師:長谷川雄啓の過去10年データ分析!

Text:長谷川雄啓

有馬記念(日曜・中山)芝2500m

1年を締めくくるグランプリ。

過去10年、1番人気は〔611〕、2番人気は〔113〕、3番人気は〔112〕。

6番人気以下〔152〕、2ケタ人気馬〔020〕。

馬連3ケタ3回に、万馬券2本。

10回中、7回で8番人気以下の伏兵が馬券に絡んでいる、波乱含みのレースです。

ステップレースを見ていきましょう

菊花賞から〔412〕。勝ち馬5頭に、1、2番人気だった馬。

ジャパンCから〔236〕。掲示板8頭に、5番人気8着、2番人気15着、8番人気11着の馬。ただし、近7年の好走馬は、掲示板確保の馬に限られています。

天皇賞・秋から〔121〕。3着以内3頭と、2番人気6着馬。

エリザベス女王杯から〔020〕。2着と7着の馬。

海外GⅠの凱旋門賞から〔101〕。2着と14着の馬。

同じく、コックスプレートから〔100〕。勝ち馬。

アルゼンチン共和国杯から〔100〕。勝ち馬。

なお、11月末から12月に行われていた金鯱賞(今は3月の施行)から、3着以内の馬の〔020〕というのがあります。

馬券圏内30頭、すべてが前走はGⅠかGⅡから。そのうち27頭が、海外も含むGⅠからとなっています。

勝ち馬に限れば、10頭すべて、前走GⅠ4着以内の馬です。

連対20頭中、13頭にGⅠ勝ちがあり、4頭にGⅠ2着が。残る3頭中、2頭は前走GⅡ勝ちから。1頭は前走菊花賞で1番人気に推され、4着だった馬です。

ちなみに、GⅠに連対歴を持つ17頭中、14頭が同年GⅠで連対の馬。

さらに、同年重賞に勝ちのない馬は2着までとなっています。

また、連対20頭中、14頭に芝2400m以上でのGⅠ3着以内があり、3頭は芝2400m以上での勝ち馬、2頭は中山芝の連対率100%のコース巧者、1頭は芝2200mのGⅠ2着馬です。

前走で勝ち馬から1秒以上離されて連対したのは、14年2着のトゥザワールドのみです。

牝馬は〔320〕。

年齢別では、3歳〔422〕、4歳〔252〕、5歳〔435〕、6歳〔001〕。

3~5歳の3世代が中心です。

スタートして、すぐに3コーナーのカーブを迎える特殊な舞台。外枠は厳しいようで、1ケタ馬番の馬が8勝。残る2頭は、11、13番枠の馬。14~16番の馬は〔013〕です。

ちなみに最内1番枠の馬も、2着に1頭いるだけ。極端な枠は割引が必要かもしれません。

最後に、近3年では見られませんが、過去の好走馬が再び、三度の好走を見せるのも有馬記念。

具体的に見ていきましょう。

11年勝ったオルフェーヴル、13年も優勝。

12年勝ったゴールドシップ、13年、14年と3着。

15年勝ったゴールドアクター、16年3着。

15年3着キタサンブラック、16年2着、17年優勝。

今年は昨年の覇者クロノジェネシスが、連覇での有終の美を狙います。要注目です。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』

【書誌情報】 第3版出来!

『自分で“勝ち馬”を探せるようになる《究極の競馬ガイドブック》』

著者:長谷川雄啓

競馬場などで行われている競馬初心者施策でビギナーセミナーの講師を務めている長谷川雄啓氏。

そこで競馬初心者の人々と触れ合うことで「初心者の人が馬券を買うまでに知りたいポイント」を体得してきました。

これまでの教本だと、まるで家電の説明書のように、“抜け”があったらマズいと、それはそれは細かく、ビギナーには不要な細かい情報まで書いていました。この本では、そういった内容を極力省きます。

ポイントを押さえれば、細かいことは自然と覚えていくもの。まずは開いた“競馬の扉”を閉じさせないよう、自力で予想を楽しめるよう導くことを目的とした本です。