SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

連対馬の75%が持っていた1600m重賞実績とは!?【安田記念】競馬初心者講座講師:長谷川雄啓の過去10年データ分析!

Text:長谷川 雄啓

GⅠ・安田記念(日曜・東京)芝1600m

春のマイル王決定戦。

過去10年、1番人気は〔332〕、2番人気は〔101〕、3番人気は〔131〕。

6番人気以下〔435〕、2ケタ人気馬〔024〕。

馬連3ケタ1回に、万馬券2本。

1番人気の複勝率は8割ですが、なかなか勝てずに現在6連敗中です。

ステップレースを見ていきましょう。

高松宮記念から〔200〕。連対馬。

天皇賞・秋から〔100〕。3番人気12着馬。

ヴィクトリアマイルから〔040〕。4着以内の馬。

大阪杯(GⅡ時代の産経大阪杯を含む)から〔012〕。掲示板確保の馬。

マイルCSから〔010〕。9着馬。

NHKマイルCから〔001〕。勝ち馬。

海外GⅠのドバイデューティフリーから〔100〕。勝ち馬。

チャンピオンズマイルから〔010〕。勝ち馬。

ドバイターフから〔001〕。勝ち馬。

前走が海外のレースだった馬の好走は勝ち馬に限られます。

京王杯SCから〔221〕。連対2頭に、1、2番人気が1頭ずつ。5番人気7着馬が1頭です。

マイラーズCから〔105〕。掲示板5頭と、10着馬が1頭。

中山記念から〔010〕。3着馬。

ダービー卿CTから〔200〕。連対馬。

OPの安土城Sから〔100〕。2着馬です。

連対20頭中、19頭に距離を問わず重賞勝ちがあり、例外の1頭には芝1600mの重賞2着がありました。

また、15頭に芝1600mの重賞勝ち、または芝1600mのGⅠでの3着がありました。

さらに、連対20頭中、17頭に東京芝での勝ちがあり、残る3頭は東京芝への出走回数が0か1の馬でした。

過去10年の勝ち馬10頭すべてが、前走3着以内か3番人気までに推されていた馬。

近6年の馬券圏内18頭で見ても、すべてがこれを満たしていました。

牝馬は〔140〕。これは、すべて近4年でのもの。現在、ヴィクトリアマイルからの牝馬が、4年連続で2着に来ています。

年齢別に見てみると、3歳〔001〕、4歳〔422〕、5歳〔353〕、6歳〔323〕、7歳〔011〕。

4~6歳の3世代が中心のよう。

また、過去の好走馬が、再びの好走を見せるのも特徴のひとつ。

具体的に挙げていきましょう。

12年2着のグランプリボス、14年も2着。

13年2着のショウナンマイティ、翌14年3着。

15年勝ったモーリス、翌16年2着。

16年勝ったロゴタイプ、翌17年2着。

18年2着のアエロリット、翌19年も2着。

19年勝ったインディチャンプ、翌20年3着。

19年3着のアーモンドアイ、翌20年2着。

20年勝ったグランアレグリア、翌21年2着。

今年は、昨年3着だったシュネルマイスターが出走を予定。出てきたら、要注目です。

過去10年、良馬場で行われた9回のうち、1分31秒台が6回、30秒台も1回あります。

持ち時計もチェックして、速い時計への対応が出来るかどうか、考察を加えてみて下さい。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』

【書誌情報】 第5版出来!

『自分で“勝ち馬”を探せるようになる《究極の競馬ガイドブック》』

著者:長谷川雄啓

競馬場などで行われている競馬初心者施策でビギナーセミナーの講師を務めている長谷川雄啓氏。

そこで競馬初心者の人々と触れ合うことで「初心者の人が馬券を買うまでに知りたいポイント」を体得してきました。

これまでの教本だと、まるで家電の説明書のように、“抜け”があったらマズいと、それはそれは細かく、ビギナーには不要な細かい情報まで書いていました。この本では、そういった内容を極力省きます。

ポイントを押さえれば、細かいことは自然と覚えていくもの。まずは開いた“競馬の扉”を閉じさせないよう、自力で予想を楽しめるよう導くことを目的とした本です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内