SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【神戸新聞杯】《皐月賞+ダービーの着差で見える》過去の2冠馬とコントレイルの力量

皐月賞+ダービーの着差で見る2冠馬の力量

21世紀の皐月賞、ダービーの2冠馬は今年のコントレイルを含めて6頭いる。

無事に神戸新聞杯&菊花賞を勝ち3冠制覇となったのが、ディープインパクト&オルフェーヴル。

残念ながら神戸新聞杯&菊花賞で負けたのが、ネオユニヴァース&メイショウサムソン。

そして、故障で菊花賞に出走できなかったのがドゥラメンテ。

今年のコントレイルはどのパターンになるのか?

それは皐月賞+ダービーで2着馬に付けた着差の合計で見ることができる。

ディープ:皐0.4+ダ0.8=1.2

オルフェ:皐0.5+ダ0.3=0.8

ネオユニ:皐0.0+ダ0.1=0.1

メイショウ:皐0.1+ダ0.1=0.2

もう説明は不要だろう。

さあ、問題のコントレイル:皐0.1+ダ0.5=0.6

う~ん、微妙に間に入ってしまったが、そういえば、どちらも2着だったサリオスは神戸新聞杯&菊花賞には出てこない。

ちなみに上記4頭の2冠2着馬はディープインパクトのダービー2着・インティライミ以外は神戸新聞杯&菊花賞に出てきた。

話をコントレイルに戻そう。サリオスを除外して2冠3着馬との着差で計算してみると、皐0.7+ダ0.8=1.5となる。

これは、神戸新聞杯&菊花賞制覇は問題なさそうだ。

怖いのは出走できないドゥラメンテのパターンになることだけだ。