SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【桜花賞】4戦4勝・ソダシの結果を占う、過去30年で6頭いた「4勝以上の無敗馬」成績は?

4戦4勝の④ソダシに注目が集まる桜花賞。

過去30年で4勝以上の無敗馬が桜花賞に出てきたケースは6回。

その6頭の成績を振り返ることで、ソダシの結果も予想してみたいと思う。

1990年 アグネスフローラ 4戦4勝/1着

1991年 イソノルーブル 5戦5勝/5着

1995年 ライデンリーダー 11戦11勝/4着

2000年 サイコーキララ 4戦4勝/4着

2017年 ソウルスターリング 4戦4勝/3着

2018年 ラッキーライラック 4戦4勝/2着

当然だが、6頭とも①人気だった。

そして、まさかの勝ったのは6頭中1頭。31年前のアグネスフローラだけという散々たる結果となっている。2着も2018年のラッキーライラックだけ。

この歴史を受けて、ソダシの単勝を買うのは相当リスキーだということが分かるだろう。

敗戦が多い理由を分析してみると、“他馬にマークされる”“早熟馬の可能性が高い”ということが推測される。


「白毛馬の初クラシック制覇を見たい」というファン心理も働き、実力以上に人気になることが予想されるソダシ。

“馬券で儲ける”ことを重要視するなら、小生は別の馬から勝負することをオススメする。