SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【宝塚記念】天皇賞(春)からの連続好走は困難! それを逆手にとって狙うべき穴馬4頭はコレ!!

当年の天皇賞(春)優勝馬は過去10年で5頭出走して [0・0・1・4] で3着が最高。

15年のゴールドシップ、 そして16年&17年はキタサンブラックという競馬史に名を刻むレベルの①人気馬であっても勝つどころか連対することすらできなかった。

天皇賞(春)と宝塚記念を連勝した馬は06年のディープインパクト以来出現していない。

 

天皇賞(春)で好走した分のダメージなのか、求められる適性が違い過ぎるのか?

勝ち馬だけでなく、1着~3着馬トータルで見てみても[0・0・1・14]と振るわない。

今年もタイトルホルダー、ディープボンドという天皇賞(春)を人気で連対した2頭が出走予定。

宝塚記念でも上位人気必至の2頭だが、馬券的には評価を下げたほうがいいかもしれない。

 

逆に天皇賞(春)で4着以下だった馬は [4・3・1・16]と良い成績。

今年もアイアンバローズ、ヒートオンビート、マイネルファロン、メロディーレーンといった伏兵陣が該当する。

過去10年データからは、上記4頭から穴馬券を買うのが勝利への道だ!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内