SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【AJCC】ガイアフォース、エピファニー、それぞれの取捨選択は過去10年データで判別できる!!

今週末は古馬2重賞が組まれているが、注目度が高いのは菊花賞①人気馬・ガイアフォースやオークス馬・ユーバーレーベンの復活なるかが注目のAJCCではないだろうか。

当記事では過去10年のデータを元に買うべき馬はどれなのか検証していきたい。

 

このレースで注目したいのは出走馬のキャリアだ。

サンプル数が一定数あり、複勝率が40%以上の好成績を挙げているキャリアは「6~10戦」。

このキャリア「6~10戦」の馬は[2・3・3・6]で複勝率57%超と優秀で、21年は1~3着を独占した。

要はキャリア少なめの明け4歳馬の安定感が抜群だということ。

 

登録馬に目を移してみると、この「6~10戦」というキャリアの馬は2頭。

エピファニー/前走・3勝クラス1着

ガイアフォース/前走・菊花賞8着

この2頭の馬連1点勝負! も良いかもしれないが、この2頭でより信頼できるはどちらだろうか?

 

この判断は前走クラスで判別したい。

過去10年の連対馬20頭の前走を調べてみるとGⅠだった馬が9頭。

しかも菊花賞に限定しても4頭もいる。

一方で前走3勝クラスを走っていた馬の連対は1頭だけという悲しいデータがある。

3勝クラス→古馬GⅡという臨戦過程はOP特別、GⅢという2段階を飛び越えているため、どうしても家賃が高くなっているというのが現実である。

 

ということで、①人気になることは間違いないがガイアフォースは外せない馬であり、逆にエピファニーは疑ってかかったほうがよい1頭ということを頭に入れて馬券を買っていただきたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内