SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【朝日杯FS】で「死の馬番」に入ってしまった人気の馬とは!?

Text:あもあもだいち

【朝日杯FS】が阪神開催に移行してからの過去8年のデータから勝ち馬を炙り出す!!

来週の大一番の前に今週は2歳GⅠの「朝日杯フューチュリティステークス」が阪神競馬場で開催される。

以前は中山で開催されていた朝日FSが阪神に開催が移ってから9年目となる。

そこで朝日FSを制す馬を過去8回の阪神開催のみのデータから炙り出していく!!

 

1,前走着順

勝ち馬は全て前走を勝った馬からしか現れていない。

これは2着馬、3着馬にもおおよそ当てはまるデータで、2着馬のうち前走を勝っていた馬は7頭、3着馬は全頭が勝っていた。

このデータから前走で負けている馬は馬券に絡めづらいことが分かる。

 

2,前走距離別

前走が朝日FSと同じ距離1600m組が5勝とトップの成績を収めている。

次に短縮組の2勝、延長組は1勝のみとなっている。

以上からマイルを走ってきた馬を狙うのがベターと言えるだろう。

 

3,キャリア

2戦走ってきた馬と3戦走ってきた馬が3勝をそれぞれ挙げてトップの成績を残している。

残りは1戦組と4戦組が1頭ずつとなっている。

このデータから5戦以上のレースを走って来た馬は狙いにくいことが分かる。

 

4,枠番・馬番

枠では1枠が3勝でトップ、次いで8枠が2勝と最内枠と大外枠が複数勝利を挙げている。その逆で、2枠、6枠、7枠からは勝ち馬が現れていない。

そして、これを馬番で細かく見てみると3着内すら入れない「死の馬番」が多数存在していることが分かった。

その馬番とは5番、12番、16番の3つの番号である。

この番号に該当した⑤バグラダス、⑫ダノンタッチダウン、⑯コーパスクリスティにとっては厳しいデータを突き付けられてしまった。

特に⑫ダノンタッチダウンは人気になっており、これを思い切って馬券から外して勝負してみるのも面白いだろう。

 

以上から、前走で1600mを勝っており、キャリア2戦か3戦した馬で、1枠か8枠に入った馬として残ったのは②ドルチェモア1頭のみとなった!!

 

果たしてデータ通り②ドルチェモアが王者に輝くことが出来るのか!?

発走は12月18日の阪神競馬場11レース、15時40分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内