SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【ホープフルS】国内GⅠ完全制覇がかかる武豊は勝てるのか!? 過去10年データから分析!!

Text:あもあもだいち

国内GⅠ完全制覇がかかる武豊に立ちはだかるデータとは!?

いよいよ今年最後の芝GⅠレース「ホープフルS」が開催される。

このホープフルSは2017年にGⅠへ昇格してから、今年で5回目とまだまだ歴史が浅い。

しかし、今年のホープフルSの注目は何と言っても、12月19日の朝日杯FSを初めて勝利し、国内GⅠ完全制覇まであと一つまで来た競馬界のレジェンド騎手「武豊」で間違いないだろう。

はたして武豊騎手が勝てるのか!?

ホープフルSのOP特別時代を含めた過去10年データから検証してみよう!!

今回、武豊が騎乗するのは8枠15番のアスクワイルドモア。

1,まずは枠別勝利では、1枠が3勝のトップで、2番目に2勝の2枠、4枠、5枠、3番目が1勝の6枠となっており、8枠は勝ったことがない。

⑮アスクワイルドモアにとっては厳しいデータとなった。

2、前走時にどの距離を使ったかでは、1800mがトップの5勝で、次いで2000mの4勝、残りが1600mの1勝となっている。

⑮アスクワイルドモアは札幌2歳Sの1800mを走っており、このデータでは該当となる。

3,前走時にどのレースを使ったかだが、重賞組と新馬組が4勝でトップ、次いでOPクラス組が2勝となっている。

⑮アスクワイルドモアは札幌2歳S(GⅢ)と重賞を走ってきており、このデータでは該当する。

4,前走時の重賞レース別を見ると、東スポ杯2歳S組が3勝、京都2歳S組が1勝。

札幌2歳Sを走ってきた⑮アスクワイルドモアには嫌なデータとなっている。

5,前走の着順別成績では、1着が8勝、2着が1勝、着外が1勝と、勝ってホープフルに臨む方が勝ちやすいデータとなっている。

⑮アスクワイルドモアは前走2着。データ的には希望は残る形となった。

以上から、武豊騎手が国内全GⅠ制覇を手にする事は、少し難しいデータが並んだ。

しかし、その逆境を撥ね退けて、ぜひ国内全GⅠ制覇を成し遂げて欲しい!!

発走は12月28日、中山競馬場11R:15時25分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内