SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【ホープフルS】残念ながら「死の馬番」に入ってしまった不幸な人気新人騎手とは!?

Text:あもあもだいち

三浦皇成がついにJRAのGⅠ初勝利を挙げられる!? それを後押しする4つのデータとは?

いよいよ2022年JRA最後のGⅠ・ホープフルSが28日に開催される。

GⅠへ昇格してから今年で6回目の開催となる。

以前は阪神開催のラジオNIKKEI2歳Sだったが、2014年から中山開催へと変更になり、17年からGⅠになったホープフルS。

ここでは中山で開催された過去8年のデータから、未来の大物を炙り出していく!!

 

1,キャリア

キャリア2戦した馬が4勝と最多勝。

次に1戦しか走っていない馬が2勝を挙げていることからも分かるように、キャリアの浅い馬が勝っている傾向にある。

残りは3戦、4戦した馬がそれぞれ1勝を挙げている。

このことからも1戦or2戦した馬を狙った方が確率が高いだろう。

 

2,前走クラス

前走GⅢクラスを走って来た馬が3勝でトップ。

次が新馬戦を勝った馬とOPクラスを走った馬の各2勝。

残りは1勝クラスの1勝となっている。

このデータから、前走で未勝利戦を戦った馬だけを消しとしたいところだが、昨年まで5年連続で重賞レースを走った馬かOPクラスを走った馬しか勝っていないことから、ここではハードルを上げて新馬戦と1勝クラスも消しとする。

 

3,前走着順

前走で勝った馬が6勝、2着だった馬が2勝。

これ以外からは勝ち馬が現れていないことから、3着以下だった馬は容赦なく消しとする。

 

4,枠番・馬番

枠番最多勝は2枠、4枠、5枠がそれぞれ2勝。

残りは3枠と6枠の1勝ずつ。

最内枠と外枠の1枠、7枠、8枠から勝ち馬が現れていない。

さて細かく馬番で見ると、今年最後になっても現れた3着内すら入れない「死の馬番」が浮かび上がって来た!!

その馬番は、4番、12番、14番、16番、17番、18番の6つもあるが、18番に関しては過去8年で18頭立てになったことがないため3着以内になっていないのは当然で、今回は死の馬番からは免除とする。

さて、死の馬番に入ったのが、④セレンディピティ、⑫モンドプリューム、⑭ジェイパームス、⑯スカパラダイス、⑰ジュンツバメガエシの5頭。特に⑯スカパラダイスは今村聖奈騎手が騎乗予定であり、厳しいデータを突き付けられることとなってしまった。

 

この4つのデータから勝ち馬候補の条件はキャリア1戦or2戦で、前走OPクラス以上を走った馬。前走の着順が2着以上だった馬で、枠番最多勝利枠に入り、かつ死の馬番にも入らなかった⑩ガストリックとなった!

次点は枠だけ合わなかった①ファントムシーフが挙がった。

 

⑩ガストリック騎乗の三浦皇成にとって初のJRAのGⅠ制覇となるか!?

発走は12月28日の中山競馬場11レース、15時25分発走予定!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内