SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【かきつばた記念】ラプタスは史上3頭目の連覇を達成出来るのか!?

Text:あもあもだいち

ゴールデンウィーク中の5月3日から地方競馬で交流重賞3連戦が開催される。

まず第一戦目は、名古屋競馬場で開催される「かきつばた記念(JpnⅢ)」。

距離1400mの短距離戦で、JRAから5頭、地方から7頭の合計12頭の出走となった。

注目はJRA所属の④ラプタスが2連覇を達成するか否かだが、それを阻むべくライバルたちも好メンバーが揃った。

まずはJRA勢から見てみよう。

・条件戦を連勝して初のダート重賞への挑戦②ベルダーイメル

・9歳と高齢だが、得意の1400mで好走が期待出来る③ノボバカラ

・ここ2戦は不振だがOP競走1勝の⑩スマートセラヴィー

・前走の黒船賞を快勝した⑪テイエムサウスダン

次に地方所属勢。

・JRA時代は芝のOP競走を走っていたが、名古屋転入後に地元で2勝①メイソンジュニア

・兵庫から参戦!!兵庫ゴールドトロフィー(JpnⅢ)で4着と好走した⑥ナリタミニスター

・2019年のかきつばた記念を勝った⑦ゴールドクイーン

などが有力候補である。


その中で、やはり実力と近走成績を見たときに筆頭は、ラプタスとテイエムサウスダンの2頭に絞られる。

ただこの2頭のうち本命は!? となると④ラプタスを推したい。

その理由は斤量にある。テイエムサウスダンが黒船賞を勝った時は56kgでの出走だったが、今回は57.5kgと負担重量が増えてしまっている。

対するラプタスだが今回58kgと、テイエムサウスダンより重いじゃないかと思われかもしれないが、そこは気にする事ではない。なぜなら前走同じ58kgでJRAのOP競走を快勝しているからである。

そのためティエムサスダンが56kgであれば、いい勝負になったかと思うが、今回は斤量差が0.5kgしかないため、ラプタスの2連覇達成が可能と思われる。

あとは、3着付けの馬をどうするか? その候補はベルダーイメルとナリタミニスターの2頭で、その中でもナリタミニスターを推したい。

なぜなら、勢いはベルダーイメルにあるが右回りで3着以内に入ったことがなく、名古屋競馬場は右回りあることと、ベルダーイメル55kgに対してナリタミニスター53kgと斤量面でも有利なためである。


果たしてラプタスが3頭目の連覇達成馬となるのか!?

発走は、5月3日 名古屋競馬場11レース16:20予定。