SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【中山記念】このレースで引退となる藤沢調教師、高橋調教師の管理馬は勝てるのか!?

Text:あもあもだいち

追い風!? 向かい風!? 藤沢調教師、高橋調教師がラスト重賞で受ける風向きは!?

今週で2月が終わる。そして、7名の調教師が引退する。

その中に、2017年ダービー馬「レイデオロ」、フランスGⅠを勝った「タイキシャトル」、マイルの女王「グランアレグリア」など数々の名馬を育て、GⅠ通算24勝、JRA重賞通算126勝をあげた藤沢和雄調教師も含まれている。

その藤沢厩舎、最後の出走レースは2月27日にある「中山記念GⅡ」で、⑥レッドサイオン、⑨ゴーフォザサミット、⑭コントラチェックの3頭出しとなっている。

また、このレースを最後に同じく引退する調教師がもう一人いる。⑪カラテを管理する高橋祥奏調教師である。

この2人の調教師にとって、最後の重賞レースとなる。

そこで、このお二方の管理馬が中山記念を勝てるのか?

過去データからこの4頭の検証をしてみようと思う!!

①前走距離

距離短縮組が圧倒で8勝も挙げている、次いで延長組で2勝、意外と同距離は1勝も挙げられていない。

前走距離を細かく見ていくと2000m組が5勝と圧倒しており、次いで1600m組の2勝。

このデータから、⑨ゴーフォザサミットは前走1800mの同距離を走っていて勝ち馬候補からは消えてしまう。

②前走クラス別

前走でGⅠを走った馬が5勝、GⅢが4勝、海外GⅠが1勝と、重賞クラスを走っていないと厳しいレースという事が分かる。

そうなると、⑥レッドサイオン、⑨ゴーフォザサミットが勝ち馬候補から脱落。

③牡馬vs牝馬

このレースは、牡馬が9勝と圧倒している。牝馬で勝ったのがオークスを制したヌーヴォレコルトのみで、これは過去20年を遡っても唯一の記録である。

そうなると、GⅠを制していない牝馬の⑭コントラチェックには厳しいデータとなる。

この3つのデータからは、勝つ可能性があるのは高橋調教師管理の⑪カラテのみで、藤沢調教師にとっては、かなりの向かい風データとなった。

果たして、この二人の調教師の管理馬から勝ち馬が出るのか!?

発走は、2月27日の中山競馬場11レース、15時45分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内