SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【皐月賞】速い馬が勝つ! クラシック第1戦で不幸にも死の馬番に入ってしまった馬とは!?

Text:あもあもだいち

人気馬に黄色信号!? 過去10年のデータから炙り出された勝ち馬候補とは!?

先週に牝馬クラシックが幕開けし、今週はクラシック第1戦「皐月賞」が開催される。

「最も速い馬が勝つ」と呼ばれる皐月賞を制するのはどの馬か!?

過去10年のデータから最も速い馬を炙り出していく!!

 

1,キャリア別

キャリア3戦、4戦、5戦を走った馬が、ともに3勝ずつで勝ち馬を多く輩出しており、残りは7戦の1勝となっている。

そのため、キャリアの浅い2戦以内の馬と、7戦以上のキャリアが多い馬は勝ち馬候補から除外とする。

このデータから①ダノンベルーガ、③トーセンヴァンノ、⑤グランドライン、⑱イクイノックスが消える。

 

2,前走成績

前走1着だった馬が8勝、2着が2勝と、連対していないと勝てていない。

このデータに照らし合わせると③トーセンヴァンノ、⑤グランドライン、⑥ジャスティンロック、⑦ボーンディスウェイ、⑨サトノヘリオス、⑮ラーグルフ、⑰マンテロウレオが勝ち馬候補から外れる。

 

3,前走レース別

共同通信杯組がトップの5勝を挙げ、次いでスプリングS組とホープフル組がともに2勝、毎日杯組が1勝を挙げている。

同じコース、同じ距離を走った京成杯組と弥生賞組からは勝ち馬が出ていない。

このデータで消えるのが②アスクビクターモア、⑥ジャスティンロック、⑦ボーンディスウェイ、⑪オニャンコポン、⑫ドウデュース、⑮ラーグルフ、⑯デシエルト、⑰マンテロウレオ、⑱イクイノックスの9頭。

 

4,枠番、馬番

枠番別では4枠が3勝、1枠と6枠が2勝と複数回の勝ち馬を輩出している。

馬番別で見てみると、7番が3勝、2番が2勝と複数回の勝ち馬を輩出している。

逆に3着以内すら入ったことのない死の馬番が8番と15番。次いで連対馬を輩出していない馬番が4番、6番、10番、16番と存在する。

このデータに該当する④キラーアビリティ、⑥ジャスティンロック、⑧ダンテスヴュー、⑩ジャスティンパレス、⑮ラーグルフ、⑯デシエルトは勝ち馬候補から消しとする。

 

以上の4つのデータから残ったのは、

⑬ビーアストニッシド

⑭ジオグリフ

2頭のみとなった!!

 

果たしてデータを覆しての人気馬の逆襲はあるのか!? それともデータ通りに⑬か⑭が勝つか!?

発走は4月17日の中山競馬場11レース、15時40分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内