SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【スプリンターズS】過去10年3着以内に1回も来ていない死の枠とは!?

Text:あもあもだいち

有力馬⑫レシステンシアにとって厳しいデータとは!?

10月3日に中山競馬場で開催されるスプリンターズSが開催され、いよいよ秋のGⅠ戦線が始まる。

ここでの注目馬は、2歳牝馬女王で、春の高松宮記念GⅠで惜しくも2着だった⑫レシステンシア。

昨年2着だった⑭ダノンスマッシュ。

前走セントウルSでは、⑫レシステンシアに負けるも2着だった④ピクシーナイト。

その他、白毛一族の血を引く⑥メイケイエール、昨年の高松宮記念で降着後に不振に入り、ようやく復活してきた⑨クリノガウディーなどが挙げられる。

そこで、どの馬が勝つのかをデータで見ていこうと思う。

まず中山競馬場1200mでの種牡馬成績では、ダイワメジャー産駒、アドマイヤムーン産駒、ハービンジャー産駒の複勝率が30%を超えていて、成績が安定している。

ただし、今回のスプリンターズSでは上記3頭のうちダイワメジャー産駒しか出走していない。

このデータでの該当馬は、③ラヴィングアンサー、⑫レシステンシア、⑮ロードアクアの3頭しかいない。

ただし、ロードカナロア産駒も複勝率29%という数字を出しており、こちらも決して軽視出来ない数字である。(ロードカナロア産駒も⑭ダノンスマッシュを筆頭に計3頭出走する)

つぎに過去10年のスプリンターズSでの馬齢成績では、4歳~6歳のしか勝利しておらず、3歳馬の④ピクシーナイト、⑥メイケイエール、7歳馬の③ラヴィングアンサーには厳しいデータとなっている。

そして、過去10年のスプリンターズSで枠順成績では、4枠、5枠がともに3勝でトップの成績で、次に8枠の2勝となっている。勝っていない枠は2枠、3枠、6枠でとなっており、6枠に限れば3着内に1回も入ったことがなく、厳しい枠となっている。

その6枠に今回は、人気の⑫レシステンシアが入っており、ジンクスを打破出来るかが馬券の鍵となりそうだ。

以上から、ロードカナロア産駒で7枠に入った⑭ダノンスマッシュを軸として推したい。

果たして、⑫レシステンシアは6枠複勝率0%のジンクスを破ることは出来るのか?

発走は、10月3日 中山競馬場 11レース 15時40分予定。