SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【高松宮記念】ディープインパクト産駒が唯一勝てていない芝GⅠレース、今年こそ!?

Text:あもあもだいち

3月28日は中京競馬場で今年初のJRA芝GⅠレース「高松宮記念」が開催される。

ディープインパクト産駒として、昨年グランアレグリアがスプリンターズSを勝利し、ディープインパクト産駒が勝利していないJRA芝GⅠは今回の高松宮記念のみとなっている。

今回ディープインパクト産駒として出走するのが、⑥ダノンファンタジー、⑪カツジ、⑰サウンドキアラの3頭。どれも1200mは初距離となる。

過去10年、前走にどの距離を走った馬が勝っているかと言えば、前走1200mが7勝の勝率6.7%、1400mが3勝の勝率5.3%と、勝ち星では差があるが勝率で見てみると遜色がない。

上記に挙げたディープインパクト産駒3頭も前走が1400mを走ってきており、十分可能性があるということになる。

過去10年の勝ち馬の種牡馬で見ると、アドマイヤムーン産駒が2勝と最多で、後は全て違う結果となっている。

今年のアドマイヤムーン産駒は⑫セイウンコウセイのみだが、8歳とはいえ不気味な存在となっている。

それ以外は、過去10年で勝ったことのない種牡馬から選ぶのをお勧めしたいところだが、今年は過去に勝った種牡馬の出走が少なく、未だ勝っていない種牡馬を父に持つ産駒が多い状況となっているため、絞らなければいけない。

そこで、より今年に近づけるために過去5年の中京競馬場1200mの成績を見てみる。ロードカナロア産駒が11勝で勝率23.9%を誇り、2位がディープインパクト産駒で10勝の勝率13.2%。

高松宮記念では結果が出ていないが、唯一のロードカナロア産駒⑭ダノンスマッシュを当記事では推したいと思う。

どの種牡馬の産駒が勝つのかも楽しみな高松宮記念!!

発走は、3月28日 中京競馬場 11レース 15時40分予定。