SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【天皇賞・春】「死の馬番」と「女神の馬番」が存在する! 該当馬はどれだ!?

Text:あもあもだいち

ステイヤー日本一を決める天皇賞(春)!!

5月1日はステイヤー日本一を決める「天皇賞(春)GⅠ」が阪神競馬場で開催される。

この難解な長距離レースを攻略するために、過去10年のデータから勝ち馬を炙り出していく!!

 

1,種牡馬別

種牡馬別では、ステイゴールド産駒が4勝、次いでディープインパクト産駒が3勝と、この2頭で7割を占めている。

ただ、ステイゴールドが2015年に亡くなっているため、産駒自体の馬齢が7歳以上となってしまっている。そこで、ここら辺りで後継種牡馬のオルフェーヴルやゴールドシップ産駒から、勝ち馬が出てくる可能性がある。

そうなると、ステイゴールド産駒の⑧クレッシェントラブ、⑪マイネルファンロン、ディープ産駒の⑩トーセンカンビーナに加えて、オルフェーヴル産駒の①アイアンバローズ、⑥メロディーレーン、⑮タガノディアマンテ、⑰シルヴァーソニック、⑱ディープボンド。ゴールドシップ産駒の⑤マカオンドールまでを狙い目としたい。

 

2,前走クラス別

過去10年、前走GⅡクラス以上を走った馬しか勝てていない。そのためGⅢ以下を走った馬は勝ち馬候補から消しとする。

 

3,馬齢別

馬齢では5歳馬が6勝と他を圧倒している。逆に6歳馬が1勝、7歳馬以降は0勝とベテラン馬には厳しいデータ。

今年は10頭の6歳馬以上が出走を予定しており、ここでは思い切って消しとする。

 

4,枠番、馬番

枠番では1枠が4勝と別次元の強さを見せている。逆に勝ち馬が出ていないのが5枠のみで、3着内でも2着1回しかなく割り引くべきであろう。

馬番別で見てみると、死の馬番が現れてくる。その死の馬番は④⑨⑰⑱。過去10年で3着以内に1頭も入っていない馬番だ。今年の該当馬は④ユーキャンスマイル、⑨ヒートオンビート、⑰シルヴァーソニック、⑱ディープボンド。

それとは逆に4勝と女神の馬番が存在する。その馬番とは①、今年は①アイアンバローズである。

このデータからも、やはり内枠が有利な傾向だということが分かる。

 

この4つのデータから勝ち馬候補として推奨したいのは①アイアンバローズと⑤マカオンドールの2頭のみとなる。どちらも中穴でオイシイ配当を提供してくれそう。

 

果たして、ステイヤーの頂点に輝くのはどの馬か!?

発走は、5月1日の阪神競馬場11レース、15時40分発走予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内