SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

山川穂高が語る自分の長所を生かした意外すぎる田中将大攻略法とは!?

山川穂高がサク越え15発の好発進

2月2日に所沢のカーミニークで初の屋外フリー打撃を行った山川穂高は、53スイング振り込み、場外弾や5連発を含むサク越え15本のホームランを放つ豪快な初打ちを披露した。

右足首を痛めて不振に終わった昨季の雪辱を期す山川穂高は、「久々にしてはまあまあ。足(の状態)はいいと思います」。と初打ちとしては納得のいく内容だったと語った。

今シーズンのキャンプは、右足首の回復を優先するマイペース調整としながらも、「去年は(足の状態が悪く)なかなかフルスイングができなかったので、フルスイングできるフォーム、ホームランを打ち続けられるフォームを意識している」。と、フルスイングを続けても怪我をしない打撃フォームの改造に取り組んでいる。

楽天復帰の田中将大攻略法

田中将大が楽天からNLB・ヤンキースに移籍した2014年の入団に西武ライオンズに入団した山川穂高は、まだ公式戦での田中将大との対戦が一度もない。

対戦経験が一度もない日米通算177勝の田中将大に対し、「たぶん、(打つのは)無理だと思う」と“白旗”を掲げ、その上で山川穂高独自の田中将大攻略法として、「セーフティーバントとかして、足から崩していきたいですね。自分の良さを生かすのはそういうところ。普通に打っていたら、当たらないと思う」と体重103キロの巨漢ながら、足で翻弄すると明かした。

ジョークで足で翻弄すると言いながらも、田中将大から豪快な一発を放ってやろうと、心の中では思っていることだろう。

足で翻弄する姿ではなく、新打撃フォームで山川穂高には、田中将大から豪快な一発を放つ姿を期待したい。