SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ロッテの課題は安田尚憲/藤原恭大/平沢大河の伸び悩む元ドラ1の尻をぶっ叩け!

12球団完全データファイル2022

オリックス&ヤクルトがともにリーグ連覇を飾った2022年。多くの記録も生まれたメモリアルなシーズンを、詳細データをベースに12球団ごとに細かく振り返ろう!

【オフ&来季の課題】若手野手の尻をぶっ叩け!どうした安田、藤原、平沢

 退団のレアード、マーティンに代わる優良な新外国人を確保することが浮上の条件だが、伸び悩む元ドラ1を何とかするべきだ。

安田尚憲は119試合に出場したが、打率.263、9本塁打と中途半端な数字に終わり、藤原恭大は49試合で打率.209、1本塁打。

平沢大河に至っては13試合で打率.148、0本塁打の体たらくだ。藤原と平沢は二軍では上々の成績を収めており、あとはチャンスを掴むだけ。山口に追い抜かれている場合ではない。

投手陣の刷新も急務。トミー・ジョン手術から復帰した種市篤暉や今季出番があまりなかった鈴木昭汰などを先発陣に加え、9イニングの割り振りを見直したい。

千葉ロッテマリーンズ過去10年間シーズン成績

2013 伊東勤 3位 144試合 74勝 68敗 2分 勝率.521
2014 伊東勤 4位 144試合 66勝 76敗 2分 勝率.465
2015 伊東勤 3位 143試合 73勝 69敗 1分 勝率.514
2016 伊東勤 3位 143試合 72勝 68敗 3分 勝率.514
2017 伊東勤 6位 143試合 54勝 87敗 2分 勝率.383
2018 井口資仁 5位 143試合 59勝 81敗 3分 勝率.421
2019 井口資仁 4位 143試合 69勝 70敗 4分 勝率.496
2020 井口資仁 2位 120試合 60勝 57敗 3分 勝率.513
2021 井口資仁 2位 143試合 67勝 57敗 19分 勝率.540
2022 井口資仁 5位 143試合 69勝 73敗 1分 勝率.486

2年連続2位からまさかのBクラス。ただ、若く才能豊かな選手はそろっており、しっかり立て直せば黄金期到来も見えてくる。吉井理人新監督の手腕にも期待したい。

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内