SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

日本プロ野球界が誇る不世出のスーパースター長嶋茂雄の年俸は今ならいくら!?

球界のレジェンド今なら年俸はいくら?

今や1億円プレーヤーなど当たり前になった日本球界。もしも、昭和を代表するレジェンド選手たちが現在の日本球界でプレーしたら、いくら稼ぐのか!?妄想企画、スタート!

ルーキーながら本塁打、打点の二冠王

日本プロ野球界が誇る不世出のスーパースター:長嶋茂雄
【妄想生涯年俸】
76億5500万円
(年平均4億3640万円)

日本プロ野球界が誇る不世出のスーパースター、長嶋茂雄。「ミスタープロ野球」が現代のプロ野球界でプレーしていたら、はたしてその年俸はいかほどか……。

長嶋茂雄の1年目の年俸は180万円(推定。200万円という報道もあり)。当時、サラリーマンの平均月収が1万6000円であることからも、破格の金額であることが分かる。

それもそのはず、長嶋茂雄は六大学で通算8本塁打のリーグ新記録を樹立したスーパースター。当時はまだドラフト施行前で選手獲得は自由競争だったが、今なら複数球団の1位指名競合は間違いなし。正真正銘のスーパールーキーだった。

当然、現在に置き換えるのであれば契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円と新人最高条件なのは間違いない。

しかし、本当に凄いのはこの後。1年目の長嶋茂雄は打率.305、29本塁打、92打点、37盗塁を記録。ルーキーながら本塁打、打点の二冠王に輝き、あと1本塁打でトリプルスリーという異次元の記録を叩き出した。ちなみにこの年、長嶋茂雄は伝説の「ベース踏み忘れ」で本塁打を1本損している。オフには倍増の360万円で契約更改をしているが、当然、現在であればその金額はさらに跳ね上がる。過去のプロ2年目最高年俸は和田毅の8000万円。ここは一気に1億!という気もするが、ひとまず9000万円と想定してみる。

倍々ゲームで増える年棒

2年目以降も長嶋茂雄の打棒は凄みを増す。59~61年まで3年連続首位打者、1年目から6年連続最多安打(当時は連盟表彰なし)。今ならその年俸も、倍々ゲームで上昇するはずだ。3年目には1億円、4年目には2億円、5年目には3億円……。成績を見ると、「記録より記憶に残る男」というより、「記録にも記憶にも残る男」と言った方がしっくりくる。

63年にはプロ6年目で4度目の首位打者、2度目の打点王を獲得し、年俸は早くも4億円に(実際は1400万円)。ここから2年間はやや成績を落とすも、年俸ダウンといえるほどではない。

そして迎えた66年。長嶋は5度目の首位打者を獲得するが、現在であればこの年に海外FA権を取得する計算になる。

前年には国内FA権も取得している計算になるが、巨人から国内他球団へ移籍する可能性は当然ながら低い。この成績であれば日本人野手の評価が低くなっている現在でも、間違いなくメジャーを交えての争奪戦となるだろう。

とはいえ、ここで「メジャー移籍」を妄想しだすと、もはや年俸の想定は天文学的過ぎて不可能。

巨人であれば当然、メジャー並みの大型契約を提示するはず。もろもろ鑑みた結果、本誌がはじき出した長嶋茂雄の国内引き留め額は「7年総額49億円」。年平均7億円の超大型契約だ。日本球界での過去最大契約は、松中信彦の7年総額45億円(推定・出来高含む)。これを基準に、さらに金額を上乗せしてみた。

成績を見ればもっと巨額の契約を結べる気もするが、「7年」というのが最大の評価の証し。事実上の「巨人終身雇用手形」に他ならない。大卒の長嶋はこの時点で32歳。契約満了は39歳になる。

長嶋は翌年以降もハイパフォーマンスを維持し続け、68~70年には3年連続で打点王を獲得。

しかし、72 、73年はガクッと成績を落とす。7年契約が終了した時点ではすでに往年の輝きは失っていたが、それでも巨人という球団、V9を含めたそれまでの貢献度を考えれば、現役最終年の年俸も4億円程度が妥当な数字だろう。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!