SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中日の日本Sベストゲームは53年ぶりの日本一達成の2007年!

Text:福嶌弘

プロ野球12球団日本シリーズベスト&ワーストバウト

昨シーズンで71回目となる日本シリーズ。短期決戦ならではの激闘の記憶を球団別にベスト&ワースト年を独断と偏見で選出してみた。

中日ドラゴンズ

【ベストゲーム】
2007年 対日本ハム

●53年ぶりの日本一達成も試合直後は波紋を呼んだ!?
中日にとって、前年に敗れた日本ハムへのリベンジマッチとなったこの年の日本シリーズ。初戦こそ落とすも、その後は3連勝で王手。迎えた第5戦は先発の山井大介が8回までパーフェクト。完全試合達成も注目されたが、落合博満監督は9回から守護神・岩瀬仁紀にスイッチ。この采配は賛否両論あったが、石橋を叩いて渡る采配を地で行くオレ流采配により、53年ぶりの日本一を達成した。

【ワーストゲーム】
1999年 対ダイエー

●野手陣の層の薄さが露呈、見せ場なきシリーズに
投打がガッチリとかみ合い、シーズンでは11年ぶりの優勝。シリーズでも恐竜打線が火を噴くかと思われたが…主砲の山崎武司を故障で欠くと、リーグ優勝の立役者、関川浩一はシリーズ21打数2安打、井上一樹13打数0安打とブレーキ。さらには 新人だった福留孝介も3試合連続エラーとズタズタ。山崎の穴を埋められないことで3度の完封負けを喫するなど、これといった見せ場すら作れなかった。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!