SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

奥川恭伸との“星稜バッテリー”も楽しみ!将来的に村上宗隆とクリーンアップを形成できる逸材の内山壮真

Text:花田雪

本誌独断選出がつプロ的トッププロスペクトRANKING

新陳代謝の激しいプロ野球という世界には、現時点で「1軍出場機会」をそこまで確保できていないが、将来的にスーパースターになりうる逸材が山ほどいる。ここでは、そんな「未来の日本球界の顔」たちを大公開!

“トッププロスペクト”という言葉をご存じだろうか。メジャーでは比較的一般的に使われており、意訳すると“若手の超有望株”を意味する。本誌では独断と愛を交えつつ、独自に日本プロ野球界のトッププロスペクトランキングを選出。近い将来、日本球界を代表する選手に成長するであろう逸材たちを紹介したい。

まず断っておきたいのが、今回ランキング対象とした選手は、基本的には2軍を主戦場とする選手としている。そのため、プロ1~2年目の若手でも藤原恭大(ロッテ)、根尾昂(中日)、奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)、宮城大弥(オリックス)、佐藤輝明(阪神)、伊藤大海(日本ハム)、栗林良吏(広島)、早川隆久(楽天)、牧秀悟(DeNA)といった、すでに1軍に定着している選手は選外とさせていただいた。もちろん、ここから紹介する選手の中にもすでに1軍でプレーしている選手がいるが、そこは「独断と愛」での選出なのでご容赦頂きたい(※本文中の成績はすべて9月13日時点のもの)。

【RANKING11】内山壮真/ヤクルトスワローズ

ヤクルトのドラフト3位ルーキー・内山壮真。チームには21歳にして球界を代表するスラッガーとなった村上宗隆がいるが、内山は将来的に村上とコンビを組んでクリーンアップを形成できる逸材。

高卒捕手という、最も育成に時間のかかるタイプの選手ながら、1年目の今季早くも1軍デビューを飾っている。フレッシュオールスターでは本塁打を放つなどスター性も抜群。細身の身体ながら、8本塁打とパンチ力も十分。

今季は広島の坂倉将吾、西武の森友哉がともに首位打者を狙える位置につけるなど「打てる捕手」は近年の野球界のトレンドだが、その潮流に乗って一気のブレイクも期待したい。また、高校の先輩・奥川との“星稜バッテリー”が見られるのもファンとしては楽しみのひとつだろう。


“トッププロスペクト”とは?

MLBで“若手の超有望株”の意味で用いられ、公式サイトでは「プロスペクトランキング」も発表されている。当企画ではMLBに倣い、本誌が独断と偏愛を交えてNPBの「トッププロスペクト」選手をランキング形式で紹介する。該当選手は基本的に今季までファームを主戦場とした者に限定するが、一部では1軍出場機会を掴んでいる選手もランキング入りしている(ご容赦ください!)。

出典:『がっつり! プロ野球(29)』

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内