SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

自己最多となる34セーブ目を挙げた松井裕樹!

自己最多34セーブ目を挙げ、球団新記録を更新した松井裕樹

9日のオリックス戦で自己最多となる34セーブ目を挙げた松井裕樹。

2点リードで迎えた9回で登場した松井裕樹だが、先頭バッターのオリックス7番鈴木昴平をファールフライで打ち取ると、続く代打佐野皓大をピッチャーゴロ、代打白崎浩之を空振りの三振と三者凡退で切って取り、自己最多となる34セーブ目を挙げた。

このセーブで自身の最多セーブ記録であった2015年と2017年に記録した球団記録となる33セーブを更新し、球団新記録を自身で塗り替えた。

これでパ・リーグ左腕の最多セーブ記録となる1983年に江夏豊が記録した34セーブに36年ぶりに並んだ松井裕樹。

昨年5セーブと不振に終わってしまった楽天の守護神が自己最多セーブ記録を更新して完全復活を遂げた。