SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

新人王争いパ・リーグの本命は社会人No.1左腕!河野竜生

Text:徳吉刑事

2020年の新人王は誰の手に!?

新元号“令和初の新人王”は、08年以来11年振り3度目となる両リーグ2年目以降の選手が獲得。果たして今季は「新人王」のタイトル通り、ルーキー勢の逆襲なるか!?

パの本命は社会人No.1左腕!

一方パの本命は、日ハム・ 河野竜生(JFE西日本)だ。 オリックスと2球団競合の末、〝外れドラ1〟として入団。 身長174センチと小柄ながら、最速151キロを叩き出す社会人No.1左腕だ。また本格派左腕にありがちな制球難とは無縁の安定感ある投球が持ち味で、決め球はスライダーとチェンジアップ。さらにスローカーブなど、多彩な変化球を併せ持つ。鳴門高では3年連続夏の甲子園に出場。また3年時には、3つ上の実兄・祐斗(現日立製作所)と同じく8強入りを果たした。

プロ入り目指して入社した JFE西日本では、高校時の最速145キロから6キロアップ。一昨秋の日本選手権 では、初戦の宮崎梅田学園&準々決勝の日本生命戦で連続完封。また決勝の三菱重工名古屋戦では、結果的に破れこそしたものの、9回を投げ切り1失点と好投。チームを準優勝に導く活躍を見せた。現状、先発ローテ左腕は加藤貴之のみ。果たして河野竜生は、昨季まさかの5位に沈んだ日ハムの救世主となれるか!?

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!