SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

3連覇を目指す西武。秋山翔吾の穴を埋めるためには?

2019年パ・リーグ1位
埼玉西武ライオンズ

 リーグ3連覇を目指すライオンズ。2年連続で逃した日本シリーズ進出も目標だが、今年も投手力 の整備と打線の穴埋めが課題だ。

 チーム防御率が2年連続リーグワーストの投手陣。オフに先発左腕のノリン、中継ぎ右腕のギャレットを獲得した。先発陣は若手の成長も見込めるが、18年最多勝の多和田真三郎が自立神経失調症で療養中。左不足でもあり、ノリンにかかる期待は特に大きい。

 野手陣では、1番・中堅の秋山翔吾(現レッズ)がメジャー移籍。新助っ人のスパンジェンバーグは内外野を守れるのが魅力で、上位打線を任せるタイプでもない。戦力の層の厚みを維持するための補強と言えるだろう。穴は攻撃陣全体で埋める形になりそうだ。

 ドラフトでは1位で競合の佐々木朗希を外すと社会人右腕の宮川哲を獲り、2位でも社会人左腕の浜屋将太を獲得。チーム状況を反映し、新人補強も投手重視だった。 


見事なまでの“打高投低”だったのが、さらに“打高”になって昨季はリーグ2 連覇。 今季は1 番打者の穴埋めと投手力の整備が課題になる。年齢構成を見ると、投手陣は25 歳以下の比率が9%増加して若返り。野手陣は31 歳以上の比率が8%増加した。
ーー次回【西武ライオンズ投手編・野手編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。