SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

主砲として以上の成績を残すも評価が低かった不運の助っ人!ジョージ・アリアス

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/タイガース編

今回の助っ人外国人列伝は、虎ファンの救世主となった阪神の大特集。球史に残る実力派揃いの助っ人たちの活躍を振り返る!

クールで地味キャラだが主砲の仕事はしっかり!

ジョージ・アリアス
阪神通算成3年:(2002〜2004)
367試合 打率.265 95本塁打 273打点

2002年に監督就任した星野仙一の強い要請でオリックスから移籍してきたジョージ・アリアス。打率は2割半ばも30本塁打と30打点以上が計算できる長打力が光ったアリアスは、移籍1年目から主砲として打線の底上げと最下位脱出に貢献した。そして翌年はキャリアハイの38本塁打、107打点で二冠を争う活躍を見せ、チームは18年ぶりのリーグ優勝を成し遂げる。こうしてアリアスは4年連続最下位に沈んだチームの立て直しに一役買ったが、チャンスでの弱さと好不調の激しさを指摘されてしまう。また、高額年俸も影響して2004年に阪神を去り、翌年のシーズン途中に巨人入り。しかし、人気球団の重圧からか、本来の実力をまったく出せず退団。野球選手の生活に疲れたアリアスはそのまま引退し、現在は清掃ビジネスを営んでいる。

開幕が待ちきれないプロ野球ファンに今一番読んで欲しい漫画

【ファンのプロ野球への熱い思いでコロナを吹き飛ばせ! みんなでリツイートして完全読破しようキャンペーン】実施中!!

CPツイートのリツイートをお願いします!
〈CPツイートはこちら〉

CPリツイートの総リツイートが、
500リツイートで第2巻公開!
1000リツイートで第3巻公開!!

『神様がくれた背番号』を読破したその時…
あなたのプロ野球熱がさらに燃え上がる!!

CPツイートのリツイートをお願いします!
〈CPツイートはこちら〉

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!