SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

チームメイトからもファンからも愛された日本ハム伝説の助っ人!マット・ウインタース

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/愛すべきキャラ編

日本人以上にファンに愛された男たち!

多くのファンに愛され、今もなお鮮烈な印象を残すキャラの濃い外国人選手たち。そんな「記憶に残る助っ人」たちを紹介します!!

今でも記憶に残る数々のパフォーマンス!

マット・ウインタース
NPB通算成5年:(1990〜1994)
637試合 打率.267 160本塁打 428打点

ユニフォームを上下反対に身につけ、逆立ちしたように見せかけて踊るパフォーマンスや、チアガールに合わせておさげ髪のヅラをかぶって踊ったりするなど、打って踊れるホームランバッターとして人気者に。他にもマジックを披露したり、故障のためベンチを外れた際には、自らメガホンを持って東京ドームのライトスタンドからファンとともにチームに声援を送ったり、ファンサービスを第一に考える心優しき助っ人だった。同時代に西武黄金時代の4番打者、デストラーデがいたため、タイトルとは無縁ながら、来日以来4年連続30本塁打以上を誇った。引退後はマイナーリーグのコーチやスカウトを経験。現在は日本ハムの駐米スカウトを務めている。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!