SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人の頼れる4番として1980年代の顔として大活躍!ウォーレン・クロマティ

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/愛すべきキャラ編

日本人以上にファンに愛された男たち!

多くのファンに愛され、今もなお鮮烈な印象を残すキャラの濃い外国人選手たち。そんな「記憶に残る助っ人」たちを紹介します!!

風船ガムを噛みながらのバンザイシーンでおなじみ!

ウォーレン・クロマティ
NPB通算7年:(1984〜1990)
779試合 打率.321 171本塁打 558打点

「選手交代! 全員クロマティ」とゲームCMで起用されるなど、引退後も人気者だったクロマティ。巨人在籍時は頼れる4番として、1980年代の顔として大活躍。常に風船ガムを噛みながら、ファンと一緒に「バンザイコール」をしている姿は今でも多くの人の記憶に焼きついているはずだ。しかし、守備や走塁面ではたびたび緩慢プレーが見られ、手痛いミスも多かった。特に1987年西武との日本シリーズで1塁走者・辻発彦が一気にホームに生還したプレーは、クロマティの緩慢な打球処理とともに何度もテレビ放送された。引退後はバンドを組んだり、プロレスラーデビューしたり、映画『魁!クロマティ高校」公開中止を求めて訴訟を起こすなどいろいろと迷走していた。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!