SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

パ・リーグ初となる助っ人外国人の2年連続最多勝を記録!キップ・グロス

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/ファイターズ編

低迷期〜黄金期を支え続けた優良助っ人たちが勢ぞろい!

好評を博している同企画で今回取り上げるは、ファイターズ! 個性的で実力派揃いの優良助っ人たちを振り返ろう。

入団後の4年間は中4日で先発し驚異のタフネスぶりで最多勝2回!

キップ・グロス
ファイターズ通算5年:(1994-1998)
124試合 55勝49敗 防御率3.60

シーズン途中に補強した助っ人外国人選手がチームの救世主となるケースがあるが、キップ・グロスもそんなタイプの一人。1994年5月に解雇になったフランク・カンスポの後釜として来日。初年度は6勝12敗と負けが先行したが、中4日でローテーションを守ったことが評価されて契約を勝ち取った。すると翌年が凄かった。当時の日本ではあまり見ることのなかった、わずかに揺れるムービング・ファーストボールを武器に16勝、1996年も17勝を挙げてパ・リーグ初となる助っ人外国人の2年連続最多勝を記録。1990年代後半のファイターズの屋台骨を支える活躍を見せている。だが、1998年に肩に違和感を感じながら無理して登板したことが影響して成績が急降下。彗星のように現れたエースはひっそりと日本を去っている。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!