SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

外国人選手の40盗塁オーバーは56年ぶりの珍しい記録!エステバン・ヘルマン

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/ドミニカ編

日本球界に襲来した最強野球王国の怪物たち

今号の助っ人外国人列伝は、世界の野球選手工場として名選手を輩出してきたドミニカ共和国編。野球大国出身で実力派揃いの助っ人たちの活躍振りを振り返る。

俊足巧打のプレーヤー!チャンスにも強い

エステバン・ヘルマン(西武/オリックス)
NPB通算4年:(2012-2015)
502試合 打率.278 15本塁打 182打点 128盗塁

助っ人外国人と言うと、一発期待のスラッガーを連想しがちだが、もちろんそれ以外の選手もいる。2012年から西武に在籍したエステバン・ヘルマンは、俊足を買われての来日だった。実際、入団1年目は全試合に出場してリーグ2位の41盗塁をマーク。外国人選手の40盗塁オーバーは、56年ぶりという珍しい記録だった。さらに翌年には、シーズン終盤まで首位打者争いをして日本の野球に見事にアジャストしてみせたが、球団からの契約延長をあっさり断り、オリックスへ移籍。しかし、移籍後はパッとせず、2015年に退団。帰国後にウィンターリーグに1試合出て引退した。現在はドミニカの野球連盟理事を務めつつ、野球アカデミーで後進を育成。トレーニングも続けており、現役さながらの肉体を維持している。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!