SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

典型的な明るいプエルトリカンだが野球に真摯な頼れる長距離砲!レオ・ゴメス

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/中米小国編

今号の助っ人外国人列伝は、中米小国編としてパナマ、プエルトリコ、オランダ領キュラソー島、アメリカ領ヴァージン諸島の助っ人たちをまとめて振り返る!

豪快なスイングを武器に広いドームで本塁打量産

レオ・ゴメス
NPB通算6年:(1997~2000、2001~2002)
660試合 打率.293 153本塁打 449打点

中日が本拠地をグラウンドが広いナゴヤドームに移した1997年、その広さに負けない長距離砲を期待されて入団したレオ・ゴメス。アメリカでは3Aで打点王、メジャーでも5年連続2ケタ本塁打の実力はダテではなく、入団1年目から打棒が炸裂して打率.315、31本塁打、81打点の好成績を残した。

真面目で敬虔なクリスチャンのゴメスは野球に対しても真摯であり、日本野球の研究に余念がなかったという。その成果が
1999年に現れ、36本塁打、109打点のキャリアハイでリーグ優勝に貢献している。

入団から4年連続で20本塁打をクリアしたが、ヒザのケガが原因で2002年に引退。その後は牧師をしながらオリオールズ傘下のマイナー球団でコーチを務めた。なお、女優の武井咲が大のゴメスファンであり、2012年にテレビ番組で共演している。

出典:『がっつり! プロ野球(28)』

『がっつり!プロ野球(29)』9月29日発売!